栄養管理
サーフィンの心得

サーフィンは自然を相手にするスポ—ツです。何時いかなる怪我や事故が起きるか予想できません。サーフィンをする日の前日から体調管理をしっかりと行うことが大切です。特に朝イチのサーフィンは、身体への負担も大きく心疾患や脳血管疾患を発症するリスクも高まります。可能な限りリスクを回避し健康にサーフィンをするためのルーティンを提案します。

前日のルーティン

サーフィンをする日の前日から、心も身体もコンディションを整えていきましょう。

1. 前日の深酒はやめる。
→ 血圧の上昇を防ぐ、脱水。

2. いつもより早く寝る。睡眠時間7時間以上が理想。
→ 血圧を下げ心臓の負担、判断力。

3. ご飯をしっかり食べること。
→ 脱水、エネルギー不足解消。

4. 血圧の薬などは前夜に内服。

5. 寝る前に水を飲んでから寝る。
→ 脱水、血液のドロドロを少しでも防ぐ。

6. 排尿してから寝る。
→ 便や尿を我慢すると交換神経が興奮する。

7. 寒くない格好で寝る。
→ 夜間から朝方の血圧の変動を防ぐ。
(体温調節の少ない格好で)

8. 寝る1時間前にはできるだけPC、スマホ、テレビなどを見ない。
電話しない。刺激物を摂取しない。

→ 刺激で血圧が上昇し、眠りが浅かったり不眠症の原因に。

9. リラックスした状態で寝る。音楽、アロマ、本。
→ 副神経交換を優位にする作用。

10. 道具のセッティング。